緊急避妊薬の処方

広島駅より徒歩3分の婦人科クリニック ~お気軽にご相談ください~

緊急避妊薬の費用について

緊急避妊薬(アフターピル)とは?

ヒトの性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあります。妊娠を望まない場合は避妊をすることになります。しかし下記のような状況で避妊が不十分な場合もあります。

  • 避妊をしなかった時(*膣外射精や外出しは避妊効果はありません)
  • コンドームが破れる、途中で外れる、漏れるなどのアクシデントが発生した時
  • 無理やり性交を強要された時

このような場合に性交が行われた72時間以内に内服する黄体ホルモン剤のことを緊急避妊薬といいます。

緊急避妊薬「ノルレボ錠」

国内で処方されている緊急避妊薬は「ノルレボ錠」です。
吐き気などの副作用が少なく、服用の回数が少なくて済むのが特徴です。
2011年5月に発売された緊急避妊薬で上記のような性交の後、72時間以内にノルレボ錠を1錠服用して終了です。
ノルレボ錠は排卵を遅らせる、もしくは受精卵の子宮への着床を阻害することにより妊娠が成立しないようにすると考えられています。
ノルレボ錠が使用されるようになる前は、「プラノバール」という中容量ピルを使用する方法が用いられていましたが、現在ではほとんど行われていません。中容量ピルを内服する方法に比べて吐き気などの副作用が少なく、効果・安全性ともに優れています。

緊急避妊薬の副作用

緊急避妊薬を服用した場合は下記のような副作用の症状が出る可能性がありますが、現在使用されている緊急避妊薬は従来に比べて副作用の頻度は低くなっています。

  • 不正出血
  • 吐き気・おう吐
  • めまい、眠気
  • 頭痛

服用後、2時間以内におう吐してしまった場合、再度薬の服用が必要になる場合があります。服用後のおう吐に関する詳細は、処方してもらう医師に十分に確認しましょう。もし症状が治まらずに体調が悪化する場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。
また、緊急避妊が失敗して妊娠したとしても、胎児には影響がないとの報告がなされています。

緊急避妊薬の効果

緊急避妊薬の避妊率は約80%で、大部分の望まない妊娠を防ぐことができますが、効果は100%ではありません。また、服用方法が間違っていたりきちんとした用量が服用できなかったりすると、避妊効果が得られない可能性があります。
緊急避妊薬は中絶薬ではないため、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。

また、内服後の性交時にも効果はありません。
緊急避妊薬服用後は、1~3週間後に生理のような出血が起こるため、本来の生理予定日からずれる可能性があります。早まる場合も遅れる場合も両方起こりうるため、服用後にすぐ生理が来なくても心配はいりません。
もしも、服用から3週間たっても生理がこない場合は妊娠している可能性があるため、検査薬の使用や病院の受診が必要です。
緊急避妊薬は、望まない妊娠を避けるための最終手段ですが、失敗する可能性もあります。緊急避妊薬を服用することがないように、日頃から確実な避妊を心がけましょう。

>女性のお悩み何でもご相談ください

女性のお悩み何でもご相談ください

緊急避妊薬、定流量ピルのについてお気軽にご相談ください

CTR IMG